オーデマ・ピゲについて

このページでは、『Audemars Piguet(オーデマ・ピゲ)』の基本情報、主なコレクション、ブランドメモおよび参考ページを紹介しています。

オーデマ・ピゲの基本情報

創業年 1875年
創業者 ジュール・ルイ・オーデマ、エドワール・オーギュスト・ピゲ
創業地 スイス ル・ブラッシュ
現在地 スイス ル・ブラッシュ
公式サイト http://www.audemarspiguet.com/jp/

オーデマ・ピゲのブランドメモ(歴史、エピソード、評価など)

スイス三大時計ブランド(パテック フィリップ、バセロン・コンスタンチン、オーデマ・ピゲ)のひとつ

1875年の創業以来、自社ブランドにより、特に複雑時計(コンプリカシオン)を中心とする高級時計を創作するマニュファクチュールブランド。

創業以来、一度も創業家族の手を離れたことのない、最も歴史の長い時計メーカー。

最初のトゥールビヨン付手巻腕時計、世界最小の永久カレンダー付自動巻腕時計、デュアルタイム、婦人用ミニット・リピーター付腕時計など、その歴史を通じ、幾多の世界記録を成し遂げてきたブランド。今日、世界で最も薄く最も複雑な時計ムーブメントを製作できる時計メーカーを自負している。

1972年に発表した、ステンレスを素材とする世界初の腕時計「ロイヤル・オーク」で有名。ベゼル上の8本のビスが印象的な八角形のケースは、同名のイギリスの軍艦の船窓に由来している。

創業者ジュール-ルイ・オーデマの生家であり、1875年創業当時工房として使われていた建物は、現在オーデマ ピゲ博物館となっている。

ムーブメントは、ル・ブラッシュの本社工場で設計・製作。1986年からはル・ロクルにある子会社オーデマ ピゲ(ルノー&パピ) でも製作。またジュネーブの子会社サントロールS.A.では、ウォッチ・ケースを製作しているという。

オーデマ ピゲのタイムピースには、有名なロイヤル オークほか、よりクラシックなジュール-ルイ・オーデマ・コレクション、大胆なミレネリー、女性らしさを最高に強調するDevaプロメスなど、いずれも独創性あふれるコレクションを誇っている。

レディス・クォーツ・モデルを除くクラシック・コレクションの各モデルは、機械式ムーブメントを搭載。トゥールビヨン、リピーター、キャリオン、クロノグラフ、永久カレンダー、グランドコンプリカシオンなど、オーデマ ピゲの創作した最も複雑な機能を備えたオーデマ ピゲの複雑キャリバーは、その多くが超薄型のタイムピースに搭載されていることも大きな特徴。

クラシック・コレクションのタイムピースに用いられているケースには、高級時計製作の伝統に従い、オーデマ・ピゲ特有の独創性豊かなデザインを採用。ジュール・オーデマはラウンド・ケース、エドワール・ピゲは長方形ケース。ジュール・オーデマの自動巻クロノグラフの1モデルを除き、すべてのクラシック・コレクションはゴールドまたはプラチナ仕様

トラディション オブ エクセレンス・コレクションは、1999年から2006年にかけてわずか 20個ずつ限定製作される、オーデマ ピゲの8つのマスターピース。

優雅な楕円形のケースのミレネリーは、有名なローマの円形闘技場のかたちにインスピレーションを得たデザイン。20メートル防水機能を持ち、独自の自動巻ムーブメントを搭載。豪華なメカニカル・タイムピースを所有したいと願う女性のために特に創作された、ダイヤや貴石がセットされたジュエリー・モデルを豊富に揃えていることも大きな特徴。

1875年、自らの時計工房をすでに開いていたジュール-ルイ・オーデマ(1851-1918)が、ジュネーブの有名時計メーカーからの高級時計ムーブメントの注文に応じるため、幼馴染みのエドワール-オーギュスト・ピゲ(1853-1919)と共同で小規模な会社を興したのが起源。当時、ジュール・オーデマは技術面を担当し、エドワール・ピゲは営業と市場開発を担当。

1881年、共同出資によりオーデマ・ピゲを設立。

1882年、ふたりの名前を冠したオーデマ・ピゲを正式に商標登録。時計工房「マニュファクトリー」を建設し、複雑時計の製造、販売に乗り出す。

1889年、スプリットセコンド・クロノグラフ、永久カレンダー、ムーンフェイズ、ミニッツリピーターを装備する超複雑懐中時計「グラン・コンプリカシオン」を第10回パリ万博で発表。

1894年、世界最小のミニッツリピーター懐中時計を発表。その後も数々の複雑時計を開発し、欧州、北米へと市場を広げる。

第一次世界大戦とその後の大恐慌期は、婦人用腕時計と超薄型モデルの生産により、大きな痛手を受けることなく乗り越えたという。

第二次世界大戦後は、より求めやすい価格帯のラインを創作することができるように組織の再編を行う。

1972年、現在のオーデマ・ピゲを代表する「ロイヤル・オーク・コレクション」が誕生。同社初のステンレス・スチールを採用したスポーツ・ウォッチで、伝統に現代性を取り入れることに成功したモデル。

1986年、世界初のトゥールビヨン搭載の腕時計を発表。

1993年、100メートル防水機能を備えたエクストリーム・スポーツのための「ロイヤル オーク オフショア」を発表。

1996年、「グラン・コンプリカシオン」の腕時計を発表。

2000年、永久カレンダーに均時差、日の出・日の入りの時刻を表示するグランドコンプリケーション・モデルを発表。

2005年、「ロイヤル・オーク」のモデルチェンジを実施。

オーデマ・ピゲの主なコレクション(シリーズまたはタイムピース)

「オーデマ・ピゲ」のコレクション(シリーズまたはタイムピース)
  • ▼Sports Collection(スポーツ・コレクション)
  • Royal Oak(ロイヤル オーク)
  • Royal Oak Offshore(ロイヤル オーク オフショア)
  • ▼Classic Collection(クラシック・コレクション)
  • Jules Audemars(ジュール・オーデマ)
  • Edward Piguet(エドワール・ピゲ)
  • Classiques(クラシック)
  • Tradition of Excellence Collection(トラディション オブ エクセレンス・コレクション)
  • ▼Contemporary Collection(コンテンポラリー・コレクション)
  • Millenary(ミレネリー)
  • ▼Ladies' Collection(レディス・コレクション)
  • Deva(ドゥヴァ)
  • Promesse(プロメス)
  • Dream(ドリーム)
  • Danae(ダナエ)
  • Facettes(ファセット)
  • Myriade(ミリアード)
  • オーデマ・ピゲの参考ページ

    参考本、文献など

    このページについてのご感想をお寄せください

    ブランド一覧(計:43 ブランド)

    日本での人気二大ブランド

    日本製高級腕時計

    航空時計ブランド

    このサイト内をGoogleで検索: