ジャガー・ルクルトについて

このページでは、『Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)』の基本情報、主なコレクション、ブランドメモおよび参考ページを紹介しています。

ジャガー・ルクルトの基本情報

創業年 1833年
創業者 アントワーヌ・ルクルト
創業地 スイス ル・サンティエ
現在地 スイス ル・サンティエ
公式サイト http://www.jaeger-lecoultre.com/

ジャガー・ルクルトのブランドメモ(歴史、エピソード、評価など)

現存する数少ない名門マニュファクチュール(時計製造の全工程を自社内で行なうメーカー)。自社製品に使用する機械はすべて自社開発という超一流メーカー。

ルクルトの腕時計のケースは、角型の「レベルソ」シリーズと、独自の厳しい検査テストを課した丸型の「マスター」シリーズに大きく分かれる。

1833年、スイスのル・サンティエに創立した小さな時計部品製造会社を前身として始まる。創業者アントワーヌ・ルクルトは時計職人ではなく、時計作りのための工作機械の設計を専門とするエンジニアだった。

1903年、クロノメーターの製造を通して協力関係にあったエドモンド・ジャガーと正式な事業提携を結び、1937年に社名をジャガー・ルクルトとする。

1931年、定番モデル「レベルソ」誕生。当時、貴族の間で盛んだったポロ競技のために開発されたモデル。最大の特長は、運動中の衝撃からガラス面を守るためにケースそのものが180度回転し、内側に収まるという構造。

画期的なアイディアばかりでなく、素材には世界で初めてステンレス・スチールを採用し、名実ともに評価は高まった。また、レクタンギュラー(長方形)ケースに合わせて搭載している角型ムーブメントは、現在に至るまで世界で唯一、専用かつオリジナルにこだわり、開発を続けている。近年ではトゥールビヨン、ミニッツリピーター、GMTなどの複雑時計へと進化を遂げ、多くのメーカーにムーブメントを供給している。

レベルソと並ぶ、ジャガー・ルクルトのもうひとつの柱がマスター・シリーズ。最大の特徴は、ケースの裏蓋に刻まれたマスターコントロール1000時間の刻印。クロノメーター規格よりも過酷な、ジャガー・ルクルト独自の検査テストに合格した証(あかし)。「マスターコントロール1000」の名称は、1000時間、約6週間に及ぶ厳しいテストをクリアしない限り、その時計は出荷しないということに由来する(クロノメーター規格がムーブメント単体の状態で審査されるのに対して、マスターコントロール1000時間テストは出荷前の完成品で検査される)。このテストをクリアした時計には、マイスターと呼ばれる職人の書名と日付が内部に記される。

ジャガー・ルクルトの主なコレクション(シリーズまたはタイムピース)

「ジャガー・ルクルト」のコレクション(シリーズまたはタイムピース)
  • Reverso(レベルソ)
  • Master Control(マスター・コントロール)
  • Master Compressor(マスター・コンプレッサー)
  • AMVOX(アムボックス)
  • Idéale(イデアル)
  • Joaillerie 101(ジュワイアリー 101)
  • Grande Complication(グランド・コンプリカシオン)
  • ジャガー・ルクルトの参考ページ

    参考本、文献など

    「ジャガー・ルクルト」腕時計コレクションピックアップ

    このページについてのご感想をお寄せください

    ブランド一覧(計:43 ブランド)

    日本での人気二大ブランド

    日本製高級腕時計

    航空時計ブランド

    このサイト内をGoogleで検索: