ゼニスについて

このページでは、『ZENITH(ゼニス)』の基本情報、主なコレクション、ブランドメモおよび参考ページを紹介しています。

ゼニスの基本情報

創業年 1865年
創業者 ジョルジョ・ファーブル・ジャコ
創業地 スイス ル・ロックル
現在地 スイス ル・ロックル
公式サイト http://www.zenith-watches.com/

ゼニスのブランドメモ(歴史、エピソード、評価など)

時計王国スイスでもわずか数社に限られるというマニュファクチュール(ムーブメントから自社一貫製造を行う時計メーカー)のひとつ。

1865年、ジョルジョ・ファーブル・ジャコが弱冠22歳でスイス時計の生産地ル・ロックルに「マニュファクチュール・ド・モントル」を開いたことに始まる。

ジョルジュは「性能のよい時計を、誰もが手にできる価格にする」との理想を掲げ、製造工程の近代化をまず推し進めた。そして工作機械を作ることに成功したマニュファクチュール・ド・モントルは次々と時計機械を開発していった。

1875年、創業からわずか10年後には1,000人以上が働く大企業へと発展(当時のル・ロックル市の人口の10分の1に匹敵)。時計以外にも電話ダイヤルや各種のメーター類も手がけ、さらに成長を遂げた。

1900年、ジョルジュは新しく開発した機械の名称を「ゼニス(天頂)」とする。

1911年、社名を「ファブリック・デ・モントル・ゼニス」とする。

1926年、20か所以上に分散していた工房をひとつにまとめ、大規模な工場を完成。海外にも幅広く販売進出。

1927年、ゼニスの鉄道時計が日本の国鉄に正式採用される。

戦時中はミリタリーウォッチを開発。アメリカをはじめ、ドイツやイギリスなどの軍隊に採用される。

1969年、自動巻きクロノグラフとして専用設計されたムーブメント「エル・プリメロ」を開発。エル・プリメロとは、エスペラント語で“ヒューマニストの普遍的な天性”と言う意味。10分の1秒単位で時間の計測ができる、唯一のクロノグラフ・ムーブメントで、毎時36,000回の振動で往復するバランスホイールの使用が、この機能を可能にしている。

1970年代、「クォーツショック」により生産中止。アメリカ資本に買収される。

1981年、他社から「エル・プリメロ」の生産依頼を受け、生産を再開、今日の隆盛に至っている。

現在、ゼニスではクロノグラフ用のエル・プリメロと、スモールセコンド付きの3針ウォッチ用のエリート(1994年発表)という2つのラインをもとに、製品ラインナップを展開している。

ゼニスの主なコレクション(シリーズまたはタイムピース)

「ゼニス」のコレクション(シリーズまたはタイムピース)
  • HAUTE HORLOGERIE(オート・オルロジェリ)
  • EL PRIMERO(エル・プリメロ)
  • CLASSIC(クラシック)
  • LADIES(レディース)
  • ゼニスの参考ページ

    参考本、文献など

    このページについてのご感想をお寄せください

    ブランド一覧(計:43 ブランド)

    日本での人気二大ブランド

    日本製高級腕時計

    航空時計ブランド

    このサイト内をGoogleで検索: