バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)について

このページでは、『Vacheron Constantin(バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン))』の基本情報、主なコレクション、ブランドメモおよび参考ページを紹介しています。

バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)の基本情報

創業年 1755年
創業者 ジャン・マルク・バセロン
創業地 スイス ジュネーブ
現在地 スイス ジュネーブ
公式サイト http://www.vacheron-constantin.ch/

バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)のブランドメモ(歴史、エピソード、評価など)

Vacheron Constantin は「バセロン・コンスタンチン」または「ヴァシュロン・コンスタンタン」と表記されるが、公式サイトの日本語バージョンでは「ヴァシュロン・コンスタンタン」となっている。

創業は1755年。現存する時計メーカーとしては世界最古の歴史を誇るジュネーヴの老舗時計メーカー

日本で俗にいう「スイス三大高級時計ブランド」のひとつ。

またジュネーブを代表する二大高級時計会社のひとつともいわれる。

創業者ジャン・マルク・バセロンはキャビノチェ(18世紀のジュネーブで活躍したマスター時計職人)のひとりだった。

ちなみにキャビノチェとは、時計師が時計作りに最も適した明るさの「屋根裏部屋(キャビネット)」に作業場を構えたことに由来する言葉。

1819年、現在に至るバセロン・コンスタンチンが誕生。3代目にあたるジャック・バルテレミーが、冒険家フランソワ・コンスタンチンを共同経営者に加え、社名を「バセロン&コンスタンチン」とする。

同じく1819年、「可能ならばより最善を求めよ。そしてそれはつねに可能である」という企業理念を確立し、そのシンボル「マルタ十字」を時計に刻み込むようになる(商標登録は1880年)。

19~20世紀にかけて、欧米各国の天文台精度コンクールや万国博覧会で次々と賞を獲得し、その評価が非常に高まった。

20世紀初頭には、グランドコンプリケーションの第1号、パーペチュアルカレンダーを搭載したミニッツ・リピーター、ムーンフェイズなどを発表した。

1953年、イギリスのエリザベス女王の戴冠式に使用される。

1955年、ジュネーヴ平和会議で、アメリカ・ソ連(現在のロシア)・イギリス・フランスの4首脳へ、記念品として贈られる。

1966年末、ヴァンドームグループ入りを発表。バーゼルフェアへの参加をやめ、ジュネーヴ開催のSIHHSALON INTERNATIONAL DE LA HAUTE HORLOGERIE高級時計国際見本市)いわゆる「ジュネーブ・サロン」)での発表に切り替えることに。

バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)の主なコレクション(シリーズまたはタイムピース)

「バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)」のコレクション(シリーズまたはタイムピース)
  • PATRIMONY(パトリモニー)
  • MALTE(マルタ)
  • ROYAL EAGLE(ロイヤル・イーグル)
  • OVERSEAS(オーバーシーズ(オーヴァーシーズ))
  • 1972
  • EGERIE(エジェリー)
  • KALLA(キャラ)
  • バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)の参考ページ

    参考本、文献など

    「バセロン・コンスタンチン(ヴァシュロン・コンスタンタン)」腕時計コレクションピックアップ

    このページについてのご感想をお寄せください

    ブランド一覧(計:43 ブランド)

    日本での人気二大ブランド

    日本製高級腕時計

    航空時計ブランド

    このサイト内をGoogleで検索: